FC2ブログ

ミニ・クーパー 納車

ようやく新型ミニ・クーパーが納車されました。

前車のワンはエアコンもマニアルで、結構使いずらい車でしたが、
このクーパーは、エアコン、ワイパー、ライト、外気導入などがオート
になっていて、大変便利で扱いやすいです。アイドリングストップも
付いていて、ようやく普通の車になった感じです。

エンジンは独特の排気音ですが、振動はほとんど感じません。
トルクが太くて、大変使い易いです。
アクセルを踏むとかなり速いです。いい感じです。
ちょっと遠乗りしたいと思いました。

その他の装備の使い勝手は追々報告します。

042_convert_20161122213356.jpg

049_convert_20161122213513.jpg

027_convert_20161122213436.jpg

030_convert_20161122213559.jpg

ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



ミニ・クーパー ブレーキシステム

ミニ・クーパーのブレーキシステムはたくさんあります。

コンピュータ制御の塊ですね。よくわかりません。

・アンチロックブレーキシステム(ABS)
・エレクトロニックブレーキフォースディストリビューション(EBD)
 (前後輪の回転差を検出し、これによって前後輪に最適な制動力を配分するシステム)
・コーナリングブレーキコントロール(CBC)付きの油圧式2回路ブレーキシステム
 (姿勢変化を察知し、左右別々にブレーキへの力の配分を行い、姿勢を安定させる)
・ブレーキアシスタント付きダイナミックスタビリティコントロール(DSC)
 (タイヤに伝わる力やブレーキを制御しスリップを防ぎ、ステアリング操作もモニターし、車体を制御)
・発進アシスタント機能
 (坂道発進補助装)
・ドライブレーキング機能
 (ブレーキディスク&パッドを乾燥させる)
・フェード防止機能
・ダイナミックトラクションコントロール(DTC)
 (タイヤのスリップやスライドが一定限度まで許容)
・エレクトロニックディファレンシャルロックコントロール(EDLC)
 (発進時空転した車輪にブレーキをかけてトラクションをコントロール)
・パフォーマンスコントロール(オプション)

7ae89ddb4ed10a162885c251640e2576.jpg




ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

ミニ・クーパー スペアタイヤ

ミニ・クーパーにスペアタイヤが付いていません。

今頃気が付きました。

ランフラットタイヤというタイヤをはいていて、パンクしても
80km走行が可能になっているようです。

commentary15-4_01.gif

タイヤのサイドのゴムが補強されていてパンクしても極端につぶれなくて
ある程度走行が可能になっているようです。

高速道路なのでパンクしても継続運転が可能で、停車して危険なタイヤ交換を
しなくても良いようになっています。

安全を重視した為の製品のようです。

反面、どうしてもタイヤが固くなる為、乗り心地が悪くなる欠点がありますし、
コストも高くなりますが、最近かなり乗り心地も改善されて、BMWでは
標準装備されているようです。

eee.jpg

rrrr.jpg

と思ったら、ランフラットタイヤはオプション設定でしたw
パンク修理キットとコンプレッサーがついていて、やっぱりスペアタイヤは
無いようです。自分で直すのかwww


ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

ミニ・クーパーの足回り

ミニの足回りですが、フロントがストラット式サスペンション
リアがマルチリンク式サスペンションになっています。

P90208496_hybrid_225xe-1050x701_convert_20161102230223.jpg

FF車のほとんどがエンジンルームのスペースを確保する為
フロントがストラット式サスペンションです。
サスペンション自体がアッパーアームの役割を兼ねているので、
構造が簡単になります。

ダブルウィッシュボーンがいいのでしょうが、ここは各社の
腕の見せ所のようです。

リアはFF車の場合トーションビーム式が一般的なのでしょうが、
ミニの場合、マルチリンク式を採用しています。
トーションビーム式でも性能の優れた物もあるようですが、
全体的に言ってマルチリンク式の方が性能的には上でしょうか。

この辺がミニのこだわりの部分かとも思えます。

5-en (1)

まあ、サスペンションの違いは乗り心地で若干出るのでしょうが、
究極の運転をしないと差は無いかと思います。

自分の運転では性能差の体感は無いと思います。



ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

ミニ・クーパー 車体剛性

ミニの車体は当然ながらモノコックボディです。
ほぼ全ての乗用車がこの構造ですよね。

一部のオフロードタイプは、ラダーフレームにボディが
のっかっていますが、その用途を考えたら当然の事です。

強度を上げれば、板厚を厚くしたり、構造が複雑になって重くなる。
軽量化とせめぎ合いです。

ボディ剛性はなかなか定量化できるものではありませんが、
やはり、乗り心地に表れてくるみたいです。

ミニに乗ると、硬いといった感覚がすぐに飛び込んできますが、
足回りだけでなくボディ剛性によるところも多いみたいです。

ボディがどれだけねじれたり、しなったりするか、これが乗り心地
の感覚に影響を与えるようです。この微妙なところを人間は感じ
取る事ができるのですから人間ってすごいでうよね。



ドイツ車はアウトバーンを意識して作られている為、ボディ剛性が
明らかに日本車より高いです。

動画でも映っていますが、ボディ接合にスポット溶接だけでなく、
レーザー溶接使用されていて、剛性が高くなる工法が取られて
いる事が解ります。


ブログランキングに参加しました。よろしければクリックをお願いします。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

さすらいの剣術士/anzama

Author:さすらいの剣術士/anzama

最新記事

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム